検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬君ハリウッド進出!記事

2007.08.16

クローバースポーツ報知より・・クローバー』 

俳優の小栗旬(24)が、米ハリウッドアニメ映画の声優に初挑戦する。サーフィンのチャンピオンを目指すペンギンの物語「サーフズ・アップ」(12月15日公開)の日本語吹き替え版で主役を演じるもの。「サーフィンをよく知っている人にやってもらいたい」という米製作サイドのオファーから、サーフィンが趣味の小栗に白羽の矢が立った。吹き替え版にはほかに山田優(23)、マイク真木(63)、清水ミチコ(47)らが参加する。

現在放送中のフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」や大ヒット中の映画「キサラギ」など、俳優として乗りに乗っている小栗が、今度はハリウッドのCGアニメに挑戦する。「以前から海外ものの吹き替えはやってみたかったので、(オファーが来た時は)ぜひって感じでしたね」

 「鋼の錬金術師」など日本アニメでの声優経験はあるが、海外作品には戸惑いもあったという。「日本のアニメは絵も日本語に合わせてつくってるけど、今回はナチュラルにつくるのが大変でした」

 「サーフズ・アップ」は新人サーファーのイワトビペンギンのゴディが、ワールドカップのチャンピオンを目指す物語。ゴディの動きは、19歳で世界一に輝き、昨年まで「ワールドチャンピオンシップスツアー」のランク1位に8回も輝いたケリー・スレーター(35)のスタイルを参考にするなど、製作サイドが特に重視したのはサーフィンシーン。ケリーと、そのライバルで引退した伝説のサーファー、ロブ・マチャド(33)が「ペンギンの姿をした本人役」でも登場するなど、サーフィンにはこだわった。小栗に吹き替えオファーがあったのも、趣味がサーフィンという点をハリウッド側が重視したからという。

 もっとも俳優業が大忙しの小栗は「最後に行ったのは去年の10月。時間があれば頻繁に行きたいんですけど、今年は行けなさそうです」と残念そう。実際に海に行けない分、今回の吹き替えではゴディになりきってサーフィンを疑似体験したようだ。



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。